私学、陽炎の教育とは②-1
(月刊なごやか NO.415(令和3年9月)掲載)
( 掲載内容を2つに分け内容を追記等しております。)

まずは市邨芳樹先生の先輩に当たる、二人の偉人のことから話をはじめましょう。一人は日本資本主義の父として有名な渋沢栄一氏、もう一人は市邨先生の恩師、矢野二郎先生です。渋沢氏と矢野先生は、日本に商業教育を根づかせるため、ともに闘った盟友でもありました。

大正3年に渋沢栄一氏は、市邨先生が校長を務めていた市立名古屋商業学校(現・名古屋市立名古屋商業高等学校)の創立三十年式典に来賓として出席しました。渋沢氏はご存じのとおり、明治の日本に資本主義社会を築くため、株式会社の仕組みを国内に啓蒙したり、多くの銀行や企業の設立を支援したり、八面六臂の活躍をした偉人です。

渋沢氏はこの式典の祝辞で、市邨先生の恩師であり、渋沢氏とも親しかった、矢野二郎先生の思い出について語りました。矢野先生は当時すでに亡くなっていましたが、日本初の商業学校である商法講習所(現・一橋大学)の、初期の校長を務めた人です。若き日の市邨先生も、商法講習所で矢野先生から商業教育を受けました。

渋沢氏は「矢野君はまことに教育については専心、ただそのことあるを知ってほかのことを知らぬ」人だったと語っています。現代風に言えば、持てる力のすべてを教育に注ぎこむ人ということでしょう。

商法講習所がいまも一橋大学として存続しているのは、同校の黎明期に、矢野先生が私財を投げうって奮闘したおかげです。当時の講習所は深刻な資金不足に悩まされ、いつ廃校になってもおかしくない状況でした。同校を所管していた東京府が、不十分にしか経費を出さなかったからです。当時の日本は貧しく、商業教育の意義を理解できる人も多くありませんでした。

矢野先生にとって、頼もしい味方となったのが渋沢氏です。矢野先生に助けを求められた渋沢氏は、自ら講習所へ寄付を行うとともに、多方面へ寄付を呼びかけました。渋沢氏は、日本が西洋に追いつくには商業教育が欠かせないと考えていたのです。国を豊かにする原動力は政府や役所や軍隊ではなく、民間の商人なのですから。

明治14年に、商法講習所は最大の危機を迎えました。東京府がとうとう運営予算を全額否認し、同校の廃止を決定したのです。先に述べた式典の祝辞で、渋沢氏は当時をふりかえり「東京府会がせっかくある唯一の商業教育を、不必要なり、廃するというにいたっては、いかに愚昧であるか、いかに残酷であるか、これはどうしても、おのれの独力でも保存せねばならんと考えた」と語っています。

矢野先生や渋沢氏は、商法講習所再開のための運動を粘りづよく行いました。おかげで農商務省が補助金を出すことに決まり、講習所は間一髪で廃止を免れます。やがて明治17年、同校は東京府の所管を離れて国立学校になり、苦難の時代はようやく一段落しました。

式典の祝辞で、渋沢氏は「いま市邨校長の式辞中に、商業教育のみは天下りでなくて陽炎のように下から発達したものである、天から降った雨でなく地から生じた霧の如きものであると言われたが、これは事実であります」と、市邨先生に共感を示しました。渋沢氏の言葉からは、東京府が見捨てた商法講習所を、自分たち民間人有志や矢野先生が支えたからこそ今日の商業教育があるのだ、という誇りが伝わってきます。

渋沢氏によれば、矢野先生は学生一人一人について、その「性質、または弱点、あるいは癖など」をくわしく把握し、「悪いところは直し、善いところを伸ばし、なにか事があると相談をし」「かゆいところへ手の届く」ように面倒を見ました。そのため矢野先生と学生は「ほとんど真実の父子」のごとく親密でした。

市邨先生も、矢野先生が手塩にかけて育てた教え子の一人です。市邨先生が商法講習所に入学したのは明治15年、東京府による廃止の決定をからくも覆した直後でした。矢野先生の熱意に感化された市邨先生は、生涯にわたって師を敬愛し、自らも商業教育に身を捧げます。大正3年の新聞記事によると、市邨先生は矢野先生が亡くなったのちも、師のことを、親しみをこめて「おやじ」と呼び、自校の卒業生は「矢野先生の孫」だと語っていたそうです。


第1回全国商業学校校長会(明治23年)
前列右から三番目が矢野先生、後列一番右が市邨先生

渋沢栄一氏(市邨学園所蔵写真)

参考文献
一橋大学学園史刊行委員会編 『一橋大学百二十年史 captain of industry を超えて』 一橋大学 1995
百年史編集委員会編 『CA百年(百周年記念)』 CA商友会 1984
山崎増二・杉浦太三郎・伊藤惣次郎編 『市邨先生語集』 市立名古屋商業学校・名古屋女子商業学校 1926
天野郁夫 『大学の誕生』上 中央公論新社 2009

Copyright (c) 学校法人市邨学園. All Rights Reserved.